keiko

秋風に想う

秋のそら
さらさらとより添う風
天高くその生命は歓びを称えて
まるく満ちる

秋になると、小学校の帰りみち 母の好きなすすきを見つけては背の高さほどあるその茎を幾重にも束ねて摘んでいたことを想い出します
手渡したときの優しくほころぶ顔に
会いたくて あいたくて
鼻息荒くかけ足であがる坂道

…それから止むことのない変動の時を巡り
何十回目の秋のそらの下

さわやかな
今朝。

大丈夫な
いま。

関わりのなか自分に向けられた
ひとつ ひとつの 助力が重なりあい  
温厚な大地となり
支えられている いま。


あまりに心地よい風を連れて来てくれた今日の日に
特別に心惹かれる『そら』の存在に憧れる日々の歩みを重ねられる喜びと 意味を想ったのでした。


私にとって「そら」は

何事にもとらわれず
無心に生きる 自由な心

全てのこだわりと 自我を離れて
はばたき きらきらとひろがりゆく心。



現実のなかに生きていると
心を何かにとどめ、

右と左 上と下 黒と白

区分けし、限定していくことが常となり
そこに 自分の居場所を確認し 築けることが
力量とされる節があるように感じます

それは 羽を濁すような優越感 や 劣等感 をあおり
その外に ひろく ひろく 広がっている
恵まれた大地を 見えなくしてしまうように
感じてしまう。

劣等感や不安に苛まれるときこそ
自分のなかにある優越感に気づき
恥ずかしく思うことが ヒントになる。
優越感とは 差別するこころ
その真理は 劣等感も 同じなのかも知れない。
裏と表は 共にあるもの。

そんな
ちいさな ちいさな 意識の底を 見抜くように
突き抜けて
いつも頭上に広がりを見せてくれる そら。

自我を離れたひろがりがつなぐ現実は
きっと なかなか心地よくて 
よろこびあう幸せを
現すことができるような気がしています

急に訪れた秋の爽やかな朝の時間に
珍しく しゃんと
気持ちの 幹を吐露してみたくなったのでした。


たまには自分に問う意味で 言葉にしたものの
後から恥ずかしくなりませんように、、
うーん。絶対なるんだろうなぁ。。笑
あぁーおなかへった、
はやくも食欲の秋の気配 おいしそうなそら。
e0254335_10411516.jpg















[PR]



# by keiko-cerely | 2017-09-02 08:32 | life

**tripicnic**vol.1 [Thailand]

tirp+picnic = tripicnic (トリピクニック)
e0254335_10009.jpg

前日の夕方の急な思いつきから決行したタイの旅。それはまるでちょっと公園に出かけるような気軽さと、だけどもそこではなかなか味わえない異国の匂い、味、音、文化・・・そしてそれらに全力で感性を開いて過ごす「非日常」の時間でした。
そんな旅をしながら、子育てに追われていたり仕事で忙しかったり、とにかくどんな事情を抱えていても気軽に遊びに来て貰えて少しだけ旅したような気持ちになれる「遊び場」を創ってみたいなーっと想うようになりました。
 そこで企画した初のイベント!ゲストではなく自身で主催するイベントといえば9年ほど昔に気まぐれで開催させていただいた小さなお料理教室くらい。当時の心配や緊張のドキドキとは違い、今回はとにかく愉しみで愉しみで。当日きっとこだまする楽しい空気にわくわくしながらの準備をぎりぎりまで愉しみました*

・・・まずは会場。
帰国翌日にたまたま出逢った素敵な物件。すぐに管理されている方にお電話したところ、数分後には立ち会いに来て下さり。。。
e0254335_1044063.jpg

e0254335_10424551.jpg
e0254335_15525663.jpg

とても静かでレトロ漂う白のなかに元気にこだましている明るいエネルギー、そしてなんと立ち会いに来て下さった方のあだ名がタイの通貨名という陽気なミラクルも手伝って(笑)、会場は即決♪
したものの、予定外にまるごと一件を貸し切ってしまったものだから空間演出するスペースもぐんと広がります。

マストアイテム①
「みんなで囲める大きなテーブル。できればちょっとお洒落なものがいい!」
 いままでDIYなんて試みたこともなく、片付けが大変そうだな〜っと俯瞰していた私。この日から気付けば店内のBGMを口ずさむ程連日のハンズマン通いが日課になるなんて!笑
e0254335_16135268.jpg

大きな天板もなんとか車に積み込んで、ひとりせっせと自宅の2階に運び込んで作業開始!
e0254335_1047394.jpg

e0254335_16284328.jpg

天板の色をひとつに絞れず、リバーシブルに。木目のほうにもこの後それぞれ、インクやマットニス、カラーニス、やすりがけなどなどいい加減に良い加減な風合いが出るまで作業を重ねました。(そして完成を撮り忘れるほどクタクタに。笑!)

マストアイテム②
「タイには欠かせない!生のバナナの葉」
 ・・・これね。完全に油断していました!タイではあまりにも日常的に、フードコートの器やテイクアウト用のパックにまで敷いてあるものだからいつの間にか日本でのスタイリングもそんなイメージを固めていて。一軒家のいたるところに大きな葉を広げるつもりでいましたが、実際に探しはじめたら見つからない!国内の流通にはバナナの葉なんて無いのです。あっても食材用として輸入ものの冷凍の数十㌢角のものくらい。タイ人シェフのお店に相談しても、逆に入手出来たら分けてねー!って言われるくらいで。泣
あぁ、これは別のスタイリングテーマをつくりこむしかないかなぁと思いつつもやっぱりひらめきはそのイメージと勢いにエネルギーが息づいて受け手に伝わる魅力になると想っているのでやっぱり拘りたい!!なんとかなるはず!いろんな方法やアイデア、もてる知識の全てを引っ張り出して考えました。
そしてその数日後・・・
e0254335_96219.jpg
 
e0254335_993943.jpg

・・・わぉーーー♪嬉
かかえきれないほど、この写真の何倍もの量のバナナの葉と房をご提供くださったのはカバ印のアイスキャンデーで有名な「椛島氷菓」さんも営まれている柳川の杏里農園の椛島社長夫妻!!杏里農園さんにはとっても美しく整えられたハウスとカフェ、そしてたくさんの南国フルーツが育てられています。以前お仕事でアイスキャンデーの商品開発をした際、奥様の栄子さんといつもたくさんの楽しく前向きな時間を共有させていただいて、そのお人柄が大好きになりました。そして、今回行き詰まった私の相談に自社農園の青々とした元気いっぱいの葉っぱや房、バナナの花までをやまもりご提供くださったのです。とてつもなく大きく、重く収穫だけでも大変な重労働をものともせず、とびきり明るい声で「けいこさん頑張りぃねぇーーっ!」っときらきらと笑ってかけて下さる言葉の隅々まで本当に嬉しかった。本当に本当にうれしかった。感謝でいっぱいです。

マストアイテム③
「アルバムみたいなレシピブック」
e0254335_10103777.jpg

まだフードコーディネーターの勉強を始めたばかりの頃、とても自信のなかったレシピ書きとレイアウト。スチールのお仕事をするようになって日々たくさんのデザインに触れるうちにいつの間にか自分の好きな世界観って掴むようになるのかも知れません。たくさん見て、好きなところ、嫌いなところ。その感覚が何なのかを知る事で得るものは大きいと思います。久々のこの作業、楽しかったな♪文字がたくさんも苦手だし、何より写真が大好きなので旅の中で撮った写真のみをたくさん使って、その雰囲気が伝わるようにと想いを込めました。込めすぎて、数回インク切れに泣かされましたが!笑笑


そんなこんなでやっと迎えることのできた当日。
e0254335_10124693.jpg

e0254335_10243780.jpg


e0254335_11143586.jpg

e0254335_10175039.jpg

e0254335_10162931.jpg

 
e0254335_11193451.jpg
e0254335_1016056.jpg

e0254335_10145752.jpg
 
e0254335_10195128.jpg


 
e0254335_10225575.jpg


e0254335_10552014.jpg
とうてい載せきれないほどたくさんの写真と笑い声と想い出が胸いっぱいに広がって、とにかく嬉しいひとときとなりました。今回集まってくださった方々・・夜勤明けだけどどうしても来たかった!と駆けつけて下さった看護婦さんに、予約でいっぱいの人気店のオーナーさんが日曜のランチを休んでまで。はたまた前日のお昼にカンヌから帰国したばかりの眠気を抱えた友人(笑)、次の用事ぎりぎりまで都合をつけて参加くださった方、出産後に赤ちゃんを抱えて不安もありながら思い切ってご参加くださったママさんなど皆さんがそれぞれの事情を飛び越えて一生懸命にこの日を愉しみになんとか都合をつけて来てくださいました。私の急な思いつきを、一緒に愉しみに集ってくれる人たちの想いと、たくさんのサポートをくださったタイ料理屋さんのドゥワンディさん、杏里農園さん、そして膨大な量の荷物の搬入・搬出作業をイベント終了後に忍者のように現れて全力で助けてくれた家族。
嬉しいと愉しいと好きと美味しいに溢れた日。改めて、ありがとうございましたーーー♡コップンカ♡♡♡
e0254335_10544492.jpg


[PR]



# by keiko-cerely | 2015-12-10 16:36

サワディーカー⑥**最終日

 持てる時間のすみから隅まで、アタマのてっぺんから爪の先まで、朝から晩まで全力で使い果たしたタイの日々。最終日に行く場所は、旅の初日に予約しておきました!

 それは・・・・
e0254335_22483018.jpg
 高級住宅街に佇む大きなお屋敷!そこはとてもラグジュアリーな空間のスパ。この場所でジャスミンライスのスクラブを使ったマッサージやボディパック、オーガニックのアロマオイルマッサージ、フレッシュハーブのハーバルボールにフェイシャルエステ、、個室と呼ぶには大きすぎる40畳近くあるお部屋で4時間もの贅沢コースです。遊び倒した旅の最後はしっかり回復して帰国しよう計画。笑
e0254335_2249413.jpg

e0254335_22215251.jpg

e0254335_22501833.jpg
(※写真はHPよりお借りしました)
 終始ウトウトしたりウトウトしたり。笑 何処に居るのか解らなくなってしまう感覚で、終わるころには良い香りと供に全身すっきりスベスベいい気持ち!
リセットどころか、タイに来る前よりも体調もすっかり良くなって気分爽快です。

 4時間のたっぷりコースが終わるころにはもう夕刻!最後のショッピングをして部屋に戻り、足早に荷物をまとめたら。夜はぎりぎり22時過ぎまで屋台街で過ごしました。あ〜、旅が終わっちゃうぅぅーーーっと惜しみながらも空港へ向かい、深夜1時のフライトでぐっすり眠ればあっと言う間に帰国!!

 
 ・・・これにて気のみきのままタイの旅、終了です♪
たくさんの出逢いと、優しく見守ってくれる家族に友人、そして笑える日々の恵みにコップンカーーー!!

               *****おしまい*****
                               
[PR]



# by keiko-cerely | 2015-11-13 07:50 | タイ日記

サワディーカー⑤**料理学校in バンコク

 通勤ラッシュの朝、東京と変わらないほどの満員電車に右頬をぺしゃんこにされながら向かった先はバンコク市内の料理学校! 海外に出たら、旅先で必ずする事のひとつです。各国の言葉も、料理を通してなら既に使っている料理名や食材名が出てくるので入門編にはばっちり*

今回作ったお料理は・・・
e0254335_2313391.jpg
既製のペーストでなく生のハーブをたっぷり使ったトムヤムクン
e0254335_23142567.jpg
パッタイも、タマリンドのペースト作りから。
e0254335_7352570.jpg
大好きなラープ・ガイ。鶏のミンチとハーブのサラダは作り立ての炒ってすり潰した米の粉「カオクア」が味の決め手。
e0254335_23163919.jpg
グリーンカレーも生のハーブをクロックというおなじみ石のすり鉢で叩いてペースト作りから。加えるココナッツミルクだって、生のココナッツを揉んで搾って抽出しましたよ♪貴重すぎる体験!
e0254335_644775.jpg
おなじみカオニャオ・マムアンも。蒸したての餅米に、パンダンリーフとパームシュガーの香りを移したココナッツミルクを馴染ませてやさしく仕上げたスイーツはおぎよりもあっさり、驚くほど相性の良いマンゴーを添えて。


・・・料理学校での一日は、まずはカゴを持って市場に食材を買いに行くところからスタートです。
e0254335_75018.jpg
 
e0254335_656740.jpg

e0254335_657874.jpg

見慣れない食材の状態の質の見分け方、パクチーだけでも数種類を使い分けるほどたくさんの香草類の名前や用途、香りも確かめながら。 


 ・・・学校に戻ったら、速調理開始!!
e0254335_7164716.jpg
床に座ってココナッツミルクを手搾りしたり

e0254335_7234466.jpg
トムヤムの食材を切りそろえて
e0254335_7222254.jpg
こちらはグリーンカレー
e0254335_7245540.jpg
生の香草類をゴリゴリごりごり・・・
e0254335_729358.jpg

ご紹介しきれないほどたくさんの素敵な写真と知識がたくさん!!それはまた後日、イベントでご紹介させていただきますねっ!

e0254335_7321254.jpg

 フランス、マレーシア、インドネシア、ブラジルなどなど8カ国の楽しいクラスでした。 コップンカー***
[PR]



# by keiko-cerely | 2015-11-11 23:19 | タイ日記

サワディーカー④**ตลาดน้ำ/แผงลอย

 今回もまずはタイトルの翻訳から。笑
 
 タイトル    ตลาดน้ำ/แผงลอย
  読み   タラーナーム /ペンローイ
  意味   水上マーケット/屋台
※タイの発音はとっても細かくて、カタカナ読みで表記するのは困難で・・これを読み上げてもほぼ通じないと思います!泣
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0254335_18333269.jpg

アイスやココナッツミルク、豆乳などには欠かせない定番のトッピングはかぼちゃ、蓮の実、コーン、お豆、タロイモにタピオカにまだまだたくさん!
e0254335_1834519.jpg
このお鍋。
昨日のマーケットで買っちゃった♪こんなディスプレイもかわいいね。
e0254335_18365866.jpg

メンダータレー、日本では天然記念物のカブトガニ。昔は福岡でも海辺の地域の家庭でお味噌汁の具なんかにして食べられていたそうですが。。タイではソムタム(青パパイヤのサラダ)に、この卵を加えて食べることが多いんだとか。
e0254335_19212521.jpg
蒸したトウモロコシの皮を巻き上げて束ねただけのこの感じも妙に可愛く見えて。
e0254335_18452235.jpg
 上新粉や餅粉をココナッツミルクと砂糖で溶いた生地を焼き上げたおやつ「カノムクロック
e0254335_18474787.jpg

甘いカオニャオ(餅米)。後ろに映り込んでいるのが、カオニャオの調理器具。下の銀の壷状のものにお湯が入っていて、Uの字型のざるに水で浸した餅米を広げて壷に重ねて蓋を被せ、下から加熱して蒸します。とってもシンプルなつくり。
e0254335_185625.jpg

 パイナップルもかわいいねー
 
e0254335_18572291.jpg
ムークロップ、下味の染みた豚肉のカリカリ揚げ焼き。

などなど歩くだけでも楽しい!どこも店先で作りながらの販売だから、どこもかしこも私にとっては無料開放の料理教室状態!すごい至近距離でデモンスレーションの受け放題です。 ずうーーーーっと見ていられるけれど、漂う甘〜〜い匂いがすこしだけきつくなってきたりして。

e0254335_2022217.jpg
 フォイトーン、、九州の皆さまおなじみ「鶏卵素麺」ここにあり!です。 甘い甘い糖蜜を沸かした鍋に卵黄を細く垂らして幾重にも重なる糸状に仕上げていく様子も、ばっちり同じ。
e0254335_20383530.jpg
 しっかりポッコリお腹の大きなドライバーさんポンちゃん。料理屋さんを開く野望を持っているだけあって料理についてとっても詳しい! ここではあまり食事を摂らずに夜は屋台のお楽しみ♪  私はタイ料理のなかでもソムタムやラープに代表される「イサーン地方」のお料理が好きと伝えていたら、写真も英語表記も全くない、タイ語以外通じないようななかなかのディープなお店。しかもとっても賑わっている「イサーン地方の料理屋台」を選んで連れて行ってくれました。
e0254335_20475949.jpg

 
e0254335_20503735.jpg
 チムチュという鍋料理。香草の香るあっさりスープに春雨や、たっぷりの葉もの、下味につけた牛肉などを加えていただきます。・・・が。これについてくるタレが何だか苦い・・美味しい・・苦い・・と思いながら探っていると、「隠し味に牛の胆汁を少し入れる」のだそう!おわわわわあああぁあ〜。私はタイ語喋れないし、ポンちゃん日本語喋れないし、、「胆汁」を身振り手振りで理解するころにはもう・・既に時遅し。遅いっ!遅すぎるよポンちゃん!!!笑笑
  お腹、大丈夫かなあと思いながらも、お酒のチカラでマイペンライ。笑 
e0254335_20554397.jpg
 こうなったらアヒルだってマイペンライ!笑  正直なところ、手羽先の甘辛チキンバーが人気のあのお店よりもかなり美味しかったなっ。見た目はカリッカリの手羽中の唐揚げ、フライドチキンと似た馴染みある味付け。細い骨もスナックのようにパリパリ食べられるんだよ、とポン先生のレクチャー中。
e0254335_2114712.jpg
 ビールに氷は欠かせない♪

今日は郊外の水上マーケットから始まって、市内に戻って夜の屋台に行くまでの間に実は兄のマンションの引っ越しや新しい家具を買うためにインテリアショップなんかにも行きました。田舎に大都会にとてんてこまいまい。そんなこんなで。。。やっぱり今宵もクッタクタの深夜帰宅!
明日は朝早くから、飛び込みで予約してみた料理学校に行く日です♪楽しみだなぁ。
 おやすみなさい、また明日!
[PR]



# by keiko-cerely | 2015-11-10 21:30 | タイ日記

福岡を中心に活動する料理家/スタイリストkeiko。ムービー、スチール、ディスプレイデザインなどなど。日々出会うあんなことやこんなこと、幸せな毎日に感謝を込めて。
by Keiko
プロフィールを見る
画像一覧

Marche de Paris
~keikoと巡るParis.マルシェと雑貨の旅~詳細はコチラ





最新の記事

外部リンク

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧