keiko

カテゴリ:life( 46 )




秋風に想う

秋のそら
さらさらとより添う風
天高くその生命は歓びを称えて
まるく満ちる

秋になると、小学校の帰りみち 母の好きなすすきを見つけては背の高さほどあるその茎を幾重にも束ねて摘んでいたことを想い出します
手渡したときの優しくほころぶ顔に
会いたくて あいたくて
鼻息荒くかけ足であがる坂道

…それから止むことのない変動の時を巡り
何十回目の秋のそらの下

さわやかな
今朝。

大丈夫な
いま。

関わりのなか自分に向けられた
ひとつ ひとつの 助力が重なりあい  
温厚な大地となり
支えられている いま。


あまりに心地よい風を連れて来てくれた今日の日に
特別に心惹かれる『そら』の存在に憧れる日々の歩みを重ねられる喜びと 意味を想ったのでした。


私にとって「そら」は

何事にもとらわれず
無心に生きる 自由な心

全てのこだわりと 自我を離れて
はばたき きらきらとひろがりゆく心。



現実のなかに生きていると
心を何かにとどめ、

右と左 上と下 黒と白

区分けし、限定していくことが常となり
そこに 自分の居場所を確認し 築けることが
力量とされる節があるように感じます

それは 羽を濁すような優越感 や 劣等感 をあおり
その外に ひろく ひろく 広がっている
恵まれた大地を 見えなくしてしまうように
感じてしまう。

劣等感や不安に苛まれるときこそ
自分のなかにある優越感に気づき
恥ずかしく思うことが ヒントになる。
優越感とは 差別するこころ
その真理は 劣等感も 同じなのかも知れない。
裏と表は 共にあるもの。

そんな
ちいさな ちいさな 意識の底を 見抜くように
突き抜けて
いつも頭上に広がりを見せてくれる そら。

自我を離れたひろがりがつなぐ現実は
きっと なかなか心地よくて 
よろこびあう幸せを
現すことができるような気がしています

急に訪れた秋の爽やかな朝の時間に
珍しく しゃんと
気持ちの 幹を吐露してみたくなったのでした。


たまには自分に問う意味で 言葉にしたものの
後から恥ずかしくなりませんように、、
うーん。絶対なるんだろうなぁ。。笑
あぁーおなかへった、
はやくも食欲の秋の気配 おいしそうなそら。
e0254335_10411516.jpg















[PR]



by keiko-cerely | 2017-09-02 08:32 | life

あけましておめでとうございます。

はじまりましたね、2014!!
今年はここ数年のなかでいちばん暖かいお正月でした。(毎年、元旦の朝に祖母宅に向かうのですが毎年毎年、雪が積もってハラハラしながら運転していました)スケジュール的にもゆっくり過ごせた年始は十数年ぶり(!)に泊まりがけで3ヶ日を家族と過ごしました。
e0254335_1052322.jpg

e0254335_10115835.jpg 

簡単なおせち料理のほかに、鯨や生ハムなんかをちょこちょこと。今年は帰省できなかった兄夫婦から送られてきたお酒と生ハムを何度も何度も「口が腫れる!」と言いながら上機嫌で飲む父の姿がちょっと微笑ましくて。笑
・・・今年は祖母の米寿のお祝いも一緒にしました。いつの間にかひ孫にまで囲まれ総勢20名くらい!?にぎやかなにぎやかなお正月。花束に、いとこのお姉ちゃんが焼いてくれた大きな2段ケーキ、ひ孫のかわいい姉妹が作ってくれた大きくて立派なお祝いの壁飾りと共に笑顔に囲まれて写真に映るおばあちゃん。本当に人が生きるってすごいこと。こうして祖母から広がった枝葉の私たちがまた誰かの人生に関わって、そうして歴史になっていくのだなぁっとしみじみと感じました。おばあちゃん、おめでとう&ありがとう!!まだまだ貧しい時代の昔の日本を強くつよく生き抜いて、今はゆったりとみんなに囲まれて少しでもたくさん美味しい物を食べて(負けるくらいよく食べます!笑)、歌謡曲みて歌ってたくさん笑って過ごしてほしいなと思います。そういえば、数年前に他界した祖母の妹は戦時中に米兵さんと恋に落ち、かけおちして生涯をグアムで過ごしました。戦後数十年経ってから知らせがあり、時々おばあちゃんに会いに帰国してくれていましたが、さばさばっと自由で粋で、かっこいい憧れの親戚でした。今では考えられないほどの情報操作と混乱の世にあるなか、自分の心眼を信じて価値観を貫き通す強さは命をも惜しまない覚悟と共にあったのだと思います。本当に壮絶な時代。。
・・・今年はそんなおばあちゃんの羽織を借りて、母のおさがりの着物を着て初詣にも行ってみました☆
e0254335_10271669.jpg

なんと母が「凶」をひいてビックリ!(後ほど別の神社で父が母に大吉をひいてあげてました。よかった、よかった。そうして補い合って仲良く過ごしてくれたら、娘は安心です!笑)
・・・3日の日は、日田にうなぎを食べに。
e0254335_10301895.jpg

e0254335_10305180.jpg

せいろ蒸しはもちろんふわっふわで香ばしくて。感動したのが「鰻の刺身」!お刺身と言っても生ではなくて、開いて数日塩漬けにした後、絶妙な温度で湯引きされています。鰻の血液には少し毒があるけれど、、それでもお刺身のようにあっさり食べたいということから生まれた郷土料理のようです。今の時期は特に脂が乗っていながらも、白身のふんわり感に酢もつのような歯ごたえと鳥皮の酢の物のようなこっくりとした旨味が重なった贅沢な珍味です。自家製のポン酢もとっても美味しい!
今年最初のオススメの逸品です☆☆☆

・・・6日の日は、フランスから一時帰国中のちかこちゃんと。
一日中、街をブラブラしながらお買い物したり、お茶屋さんでお茶したり。
夜からは大阪に留学中のフランス人の友人2人と合流して焼鳥&屋台を満喫しました♡
e0254335_10393531.jpg

e0254335_103959100.jpg

まだまだ来日2ヶ月の二人は「日本語むずかしい〜!」とゆっくりな日本語で。 まだまだ勉強中の私は「フランス語難しい〜!」とゆっくりなフランス語で。そしてどちらもペラペラな頼もしいちかこちゃん。ナイスなコンピネーションで年齢も国境も関係なく楽しすぎる時間はあっという間に過ぎて、うっかり自宅へ帰る最終電車を逃すほど。苦笑   お別れが寂しい夜でした☆A bientot !!



年初から楽しいことが続いて、とても良いスタートがきれました。
今年はどんな一年になるのかなぁ。とにかくみんなでたくさん笑い合って、たくさん感謝して嬉しく楽しい時を共有できたらと思います。みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします☆
e0254335_10481917.jpg

[PR]



by keiko-cerely | 2014-01-08 11:01 | life

2013。

この記事を書いている今は、もうすでに今年も残すところあと数分です。
今年はいろいろなことを見つめ直し、改めて姿勢を正して向かい合うような、そんな機会をたくさん頂いた1年だったように思います。多くの新しい出会いと、喜び、楽しみ、反省、涙、弱さも全て。たくさんの試練がありました。そして山盛りの感謝と笑い声がありました。そうして振り返れば今年もまたかけがえのない人生の歩みを刻むことが出来たように思います。

 新たなる年に、願うことはただただひたすらにひとつだけ!離れて暮らす両親、家族や友人たちの健康で笑顔こぼれるような毎日。私の幸せは、大好きな人たちに囲まれて過ごせるごくごく普通ののんびりとした時間。緊張感もスリルや手応えのあるようなことも、全てはその時間の安心の上にあります。その気持ちを与えてくれる全員が自分の人生を「幸せだな」と思って日々を過ごしてくれることを心から祈ります。
e0254335_22345392.jpg

e0254335_2382044.jpg

e0254335_23121060.jpg


e0254335_23115939.jpg
e0254335_23135565.jpg
e0254335_23144626.jpg
e0254335_23154133.jpg


Xmasパーティや、大好きな刺繍作家macaronさんのワークショップの写真などなど。書ききれなかった今年の素敵な思い出です☆笑


・・・2013年。とても味わい深い1年でした。数えきれないほど多くの方々に、たくさんもらった優しさと強さと笑顔と思いやり。本当にほんとうにありがとうございました!
[PR]



by keiko-cerely | 2013-12-31 23:31 | life

『m.macaron 』& Promenade sympa a itoshima♡

大好きなcache-cacheさんで開催された、これまた大好きな刺繍作家マカロンさんの展示会。前日に知ったのですが、これはどうしても行きたい〜!・・・ということで、用事があったのですがその直前ギリギリまでに滑り込み♪
e0254335_23222944.jpg
「こちら、たいへん素晴らしい作品になっております。」・・・と。夏休み中のmanonちゃんが本日のはりきりマダムでございます。笑e0254335_2323432.jpg
それにしても本当に見惚れるmacaronワールド満載です!ドット柄のお花は私も愛用していて、髪の毛をまとめたときにアクセントにつけたり、洋服につけたりバックにつけたり・・。かなり愛用しています。親友が誕生日にこそっとオーダーしてくれて、色の組み合わせやサイズも微妙に違う一点もの♡
e0254335_23244180.jpg

今日はその新作「パンジー」もお披露目されていてヒトメボレ。。迷った末に、淡ピンク×淡水色 の組み合わせをいただきました。夏は、シンプルなTシャツや浴衣なんかと合わせてもよさそうです♪うれしい〜♡
e0254335_23252835.jpg

細かい刺繍の花に鳥にと贅沢なフリンジふりふりガーランドや・・・
e0254335_2326129.jpg

いもむし〜〜♡
e0254335_2327245.jpg

右から店主マリさん、作家m.macaronさん、看板娘manonちゃん。
e0254335_2328739.jpg

まだまだず〜っと眺めていたいような作品ばかりでしたが、、気付けば次の待ち合わせまでタイムリミットは15分!!「いってらっしゃ〜い!!」と送り出されて急いで次へ向かいますっ。

この日は、フランスから一時帰国している友人と一年間ルームシェアして留学していたチカラくんも誘っての糸島ぶらり日和です。 ひとまずおそば屋さんでおひるごはん。
e0254335_23285920.jpg
e0254335_23322444.jpg

ちかこちゃんとNicolas. この二人が一時帰国組です。ちかこちゃんは私がフランスで料理教室したときにもお手伝いしてくれたりと、本当にお世話になりっぱなしの優しくて聡明でやんちゃな大好きな友人。歳は下なのですが、完全にお姉さ〜ん。笑 彼氏のNicolasは建築家ですが絵描きさんでもあります。仲良しのふんわりした、いっつも笑ってる2人。
e0254335_23331626.jpg

蕎麦のメニューを説明しながら。。茗荷そばの「ミョウガ」の味の説明に苦戦です。笑 「Gingembre」(生姜)科の野菜で〜、でも味はフヌイユを1000倍強烈にしたような〜・・みたいな。。。こればかりは「食べんとわからんワカラン」ですね。笑
e0254335_23343867.jpg

おろし蕎麦の大根や紫蘇にも大満足でよかったよかった♪茗荷そばも美味しかったです。こちらおそば屋さん「山崎」さんはたくさんのお客様で賑わっていました。(お忙しいなか、写真を撮って下さってありがとうございました。)
e0254335_9591220.jpg

その後は海岸線をぶ〜らりぶらり。楽しみにいていた「芥屋の大門」の遊覧船は生憎のお天気で欠航でしたが、絶対雨が降ると言われていたこの日、曇り空ながらもなんとか持ちこたえてくれた空に感謝です!そうそう、宮浦の手作りからくり木のおもちゃ「おれんじ村」さんへも行きました♪
e0254335_9523844.jpg 
あっと言う間で楽しい一日でした〜♪帰り道、「連れて来てくれてありがと〜!どこかCafeで珈琲とドラ焼きをごちそうさせて!!」と言う、日本に来てはじめて食べた「ドラ焼き」にはまったらしいチャーミングなNicolasに大笑い。どら焼きは無かったので、みんなで「千鳥饅頭」やさんに立ち寄って、珈琲とおまんじゅうをおご馳走になりました!笑
ありがと〜っ!また遊ぼうネっ♡
[PR]



by keiko-cerely | 2013-07-29 00:03 | life

Pattiserie Rui ***

e0254335_1911715.jpg

最近、お店のショーケースを新しくされたと聞いて楽しみにしていたルイさんのお店。ドアを開けた瞬間に心の中で「いいね!」を100回くらい押しました。笑
緑に囲まれた住宅街にあるお店の扉を・・・開けたとたんに広がる異空間!!もともともっているお菓子のオーラにさらにさらに魅せられます。
e0254335_20352911.jpg

そのなかに並べられた作品の数々・・・
e0254335_2036125.jpg

e0254335_19303735.jpg

e0254335_19375212.jpg
e0254335_20394870.jpg



e0254335_1933519.jpg

e0254335_19342792.jpg

e0254335_1935110.jpg



もう嬉しくなるような楽しくなるようなデザインの作品ばかりで写真を撮っても撮っても撮り足りない。笑   この感性を「素敵」なんていう簡単なコトバでなぞるのはとってももったいないと想ってしまうくらいです。重厚でいてとっても艶やか。。洗練されているけれどあたたかくてほっこりやさしい、そんな印象です。アリスなんかのグリム童話の世界に出てきそうだな〜なんて想ってみたり。

今回は新作のこちらを頂きました。
e0254335_19594154.jpg

「verdure」
 (フランス語で緑の意)とくに今の時期の初夏の緑にピッタリな、清涼感ある若々しい緑色のイメージ通り、ミントの風味をしっかりと効かせた爽やかなSweetsでした。ミントって大好きです。
流行のモヒートもいいですが、定番の「チョコミント」とか、モロッコのミントティーとか。ミントティーは、グラスにたっぷりのミントを入れて、上から熱い紅茶を注ぐだけなのですが、食後にス〜っと染みてくれる爽やかさで、甘いものと一緒に頂くとさっぱりとしますよ♪温かく香り立つミントは意外にもクセがなくやわらかい薫り。
そうそう、横に添えてあった「すもものジェラート」の酸っぱさも最高のマリアージュ!本格的に暑くなってからは初訪問でしたが、夏のPattisserie Ruiには、今の季節だからこそ楽しめる魅力的な世界がたくさん広がっていました♪ 新作のジュレ、グラスに入ったヴェリーヌのバリエーションも充実してたなぁ。。
カフェスペースもたっぷりあるし、お店の隣には広く豊かな公園も広がっています。夏休みのお子さんと遊びに出かけた休憩スポットにも最高のコースです^^♪

[Pattisserie Rui]
春日市岡本6−15
(tel)092-558-8083
(店休日)火、水
[PR]



by keiko-cerely | 2013-07-21 20:27 | life

なつのいちにち。

・・・ぬけるように碧い空に広がる蝉の声、蒼々と茂る草木の匂いにすっかり夏を感じる季節になりましたね。先日のももち浜ストアでご紹介させて頂いたレシピも、そんな夏に嬉しいこちらのお料理です。
e0254335_10254367.jpg



e0254335_17341080.jpg

「おくらのすり流し」
すり流しとは、和食のポタージュのようなもの。季節の旬の食材を出汁でのばしたお料理です。懐石料理のなかでも特に季節感を届けてくれる一品。 旬のおくらを使って作ってみると、翡翠色の美しさに加えて「とろろ」のような美味しさも楽しめて。。これは色々なお料理、冷やしうどんや海鮮丼やしゃぶしゃぶのタレなどに是非ご紹介させて頂きたいっ!とワクワクしながら構想しました。夏の定番のさっぱり冷たいお料理、美味しいのですが割と「めんつゆ」や「ポン酢」の味付けを単調に感じることも。そんなとき、味は食べ馴れたやさしいお出汁の効いた味ながら瞳にも楽しいこちらのレシピ。冷や奴にかけても良いし、おもてなしにも使えるとってもオススメの一品です。ガラスの器を中心に麻素材の白いクロス、鉄製のトレー、初夏から勢い良く茂りはじめた元気の良い蔦を使ってスタイリングしてみました。翡翠色の鮮やかさをいちばん引き立ててくれるような白、そこに爽やかで涼しげな印象を、無機質な鉄や透明感のあるガラスなど、触ると「ひんやり」していそうな素材と組み合わせることで感じて頂けたらな、っと。
今回も本当にホントに楽しい現場でした。本番を迎えるまでは器を選んだりレシピを作ったり、、大変なことも沢山ありますが、その歩みにはプロデューサーさん、ディレクターさん、カメラマン、司会のかえちゃんはじめ画面では伝わらないほど多くの多くの方々が一緒にひとつの目的に向かって技術と想いを注いで創り上げて下さっています。その行程と、その空気とオーラに心から感謝と喜びを感じる毎回です。そしてもちろん、あたたかい感想や応援、励ましを下さる皆様に。感謝せずにはいられない大切な時間です。ありがとうございました。

・・・そして生放送を終えたこの日の午後からは、これもまた楽しみで嬉しくて待ち遠しかったイベントが。引っ越してしまった友人家族が急遽1泊で戻ってきてくれると聞き、仲間が一斉に集まってあっというまに大勢でのBBQです!!
e0254335_11261486.jpg

e0254335_1128363.jpg

真夏の夜にサンタさん。笑   去年のXmasに登場し、子どもたちを大泣きさせた偽ヒーロー?は、今夜も期待を裏切らず。。どうかトラウマになりませんように。暑くて汗かきながら、オジさんは頑張ってるのです!笑
花火にスイカ割りに、楽しい時間はあっと言う間!!ほんとうにほんとうにあっという間に過ぎてしまいましたが、とにかく可笑しくて嬉しくて幸せな夜。

翌朝は友人家族とゆったりまったり片付けながら過ごします。
どこかに出かけることもせず、以前のようにのんびりお料理して、食べて話しての大好きなじかん。
e0254335_1140243.jpg

イタリア茄子をシンプルにグリルして食べくらべ。
e0254335_11413397.jpg


生のままかじってみても、まったく苦みや嫌味のないピーマンとバナナピーマンはシンプルマリネに。マリネに使ったオイルは、「キヌ貝のオイル漬け」で残った美味しいオイル。IPI(イトシマペニンシュラインフォメーション)をされている柏木さんご夫妻が作られている絶品の逸品!実は、ここ最近で一番お気に入りの商品です。もちろん糸島半島で獲れたキヌ貝を使って作られていますし、とにかく美味しく、あまり知られていないというポイントから、最近のお土産、手土産には必ずといっていいくらいお願いさせて頂いています。(・・だから本当は本気でヒミツにしておきたいのです。笑)ふふふ。
そうそう、今回のBBQやお料理に使わせて頂いたお野菜も、ご好意でご夫妻に届けて頂いたものばかりです。焼いたらふわっふわにとろけるトスカーナ茄子や、初成りのロマーノ種のトマト。無農薬の空芯菜にホラパー(タイのスイートバジル)などなど。半島にはどんどん魅力的な野菜が育っているようです。生産者さん、関わる方々の日々のじかんと想いに育まれるように。。
e0254335_11582236.jpg


e0254335_11562560.jpg


ロマーノ種のトマトは、煮込んでソースを作り、釣りたてのチヌと茄子のパスタを作りました。余ったぶんは瓶に詰めてお土産に。。
e0254335_1215971.jpg


e0254335_1224699.jpg


お料理をしていたら、足元につかまって甘えてくる、相変わらず可愛くてたまらない友人の子。陣痛の瞬間から一緒だったから、もう自分で立って歩いている姿がしんみり嬉しくて、でもまだまだ小さいままでいて〜!!っと勝手なことを想ってみたりして。笑
e0254335_1274442.jpg


友人家族は帰る仕度をしなきゃなのに、外の片付けをしていたら暑くてあつくてたまらず思わずみんな海に入ってみたり。
e0254335_12111021.jpg
e0254335_12114743.jpg


今は離れていることが不思議なほど、以前と何ひとつ変わらない いちにちでした。
たった一日の出来事に、これだけ大勢の仲間が遠方から、忙しい仲間が仕事を終えてから。とにかくみんなに逢いたくて集まって笑って過ごす、ただそのためのタメに。。
友人たちの人徳そのもので現れたひと夏の夢のようなご褒美のような、幸せなシアワセなじかんでした。
嬉しかったり苦しかったり、日々はたくさんの感情に彩られ綴られて行くなかで。私にとってどんなときでも幸せを感じる変わらない価値は、いつでもすぐ側にあるこうした穏やかでやさしい感情をもった日々。その芯をいつもココロに。そう居れる自分であるように。
ときに苦しく辛い泪も、ときに嬉しく楽しい涙も、全てに育てられている今に向き合って、まいにちを大切にかさねて行きたいと想います。そして何より、家族や友人たちの幸せな日々を願って!この夏もたくさん笑い合えますように☆
e0254335_12342268.jpg


[PR]



by keiko-cerely | 2013-07-20 12:46 | life

いつの間にか・・・

こんにちは。またまた随分と更新がゆっくりになってしまいました。このタイトル通り、「いつの間にか」もう1月も終わりに近づき、市場には春の芽吹きを感じさせる食材もちらほらと並びはじめましたね。なんだか慌ただしくすぎてしまった1月をさささっとご紹介!

今年最初のケータリングでは、九州以外からお越しの方も多いということで「博多雑煮」を作りました。iPhoneで急いでとったので画像がいまいちですが(残念!)
e0254335_1056510.jpg 
ごりょんさん風に竹串に全ての材料を順に刺してスタンバイ・・・
e0254335_10564142.jpg
 
器に並べて...
e0254335_1057713.jpg
のばしたお餅や塩ぶりも綺麗に飾ったら、 あとは丁寧に焼きあごで出汁をとったスメを注いで完成です。
準備しながら何だかわくわくして、とっても喜んで頂けて嬉しかったです☆

他には、護国神社で行われた「蚤の市」に出かけてみたり・・・
e0254335_1144571.jpg
 
e0254335_1153375.jpg
 
e0254335_1162611.jpg
 
色々欲しくなって大変でした〜!フランスの蚤の市の雰囲気ばっちりで、しかもより日本人に馴染みやすい品だったりがセレクトされているし綺麗で安全に運営されているので子連れでも安心して楽しめました。(甥っ子ちゃんと一緒に行きました♪)何より予想以上に沢山の人が来ていることにもビックリでしたし、そんな中でもスリに注意するために目をギラギラさせてカバンを抱きかかえなくて良いことが本当に素晴らしいな〜っと想いました。福岡って素敵な街です♪

それから、先週のももち浜ストアではこちらのお料理をご紹介させて頂きました☆
e0254335_1113392.jpg
 
「肉大根の中華蒸し」
スライスした大根にひき肉のタネを広げて蒸したものです。旬の大根のジューシーな旨味が、お肉をいっそう美味しく感じさせてくれる大好きな一品です。


・・・ この1月は新年早々に色々な変化を迎え、受け入れ、その新たな道に楽しみと安心を見出すのに一生懸命な自分が居ました。
いちばん大きな出来事は友人家族の引っ越しが決まったこと。プラスに据えられる考え方を頭ではわかっているし、コトバでも出てくるのだけれど。一時はどうしてもその奥の、芯の感情が寂しくてさみしくて。平然と過ごしていても、ちょっとしたきっかけでクラスメイトの転校で大泣きする小学生のように、涙が溢れてしまう日々でした。最初に知ったときに、びっくりした自分の感情がふらふらしてしまわないようにフタをするべく、強がろうとしたり大丈夫大丈夫と言ってみたりして大人なふりをしていたひずみが余計に出てしまったのかも(笑)
・・・。やっぱり寂しいものはさみしいよ〜!友人本人にとって勇気や楽しみの生まれるコトバをかけたり、励ましたり出来るのが理想かも知れないけれど。。私はといえば、めいいっぱい寂しいと伝えることばかり。
・・・Yちゃんごめんね。だけどそれほど、貴方とその家族、そのまわりに居る人たちのことが大好きなのです。思い出をあげればきりがないけれど、山盛りの感謝と山盛りの信頼と愛をもって、これからもずっとずっと家族が笑顔でいることを願っています☆この転機があったからこそだと感じられるような、楽しく素敵な未来のじかんにまた一緒にたくさん笑い合えることを楽しみにしているねっ♡

  
[PR]



by keiko-cerely | 2013-01-27 11:22 | life

日々のこと。

 最近のそとごはん。
まずは春吉の小ばこフレンチ「Pissenlit」さん。この日は急に時間が合って、父と姉、それから3ヶ月の姉の息子ちゃんもそろってのほのぼほランチです♪
e0254335_11451079.jpg

e0254335_11455094.jpg

e0254335_11462061.jpg

e0254335_1147491.jpg

小さい子連れでしたが中島さんご夫妻にやさしく迎えて頂けて幸せなランチでした〜!メインは羊肉です♪
お料理はもちろんですが、この空間と、カトラリーやグラスや壁の装飾のインテリアのセンスが大好きです。そうそう、この日はタヒチ産のヴァニラを頂いて・・ちょっとスパイスを想わせるような薫り。何か面白いお料理が出来そう〜!とわくわくしながらただいま妄想中です。 タヒチ産ヴァニラを使ったお料理、作ったらまたご紹介させて頂きますね☆

また別のおやすみの日。
けやき通りのイタリアン「Perche No !?」さんにてparisの料理教室を紹介して頂いたり、とってもお世話になったおともだちと久々のランチです。
e0254335_11571883.jpg
 
e0254335_11574611.jpg

e0254335_11581494.jpg

定番のたっぷりな前菜はやっぱり嬉しくなる一皿です♪そういえば、普段はほとんど魚介系を選ぶ私ですがこの2回の外食はお肉系が続いています。ジビエの時期になるとやっぱり選びたくなります。この日のパスタは「鹿肉ときのこ」。もう着々と季節は巡っていますね、ポルチーニの薫りがとっても美味しい「旬」の味に おいしぃ〜!となりつつ、いつまでも尽きない楽しい話しに元気をもらいました☆ 
・・・こんなに美味しそうな写真を一気に並べると、我ながらいかにも美食の日々を送っていそうです〜!なのでなので、誤解のなきよう料理家の現実もお伝えします!実はこのランチの前日4日間は、カタログや雑誌のスチール撮影のため毎日15時間程度窓のないスタジオにこもりっきり!超タイトな撮影につき一歩も外へ出られず、食事は毎日お昼すぎにスタジオのアシスタントの子が買ってきて下さるお弁当だけで乗り切りました〜!そんな日々の後だったから余計に贅沢な感じがしちゃいます♪(笑) だけど、撮影の合間にみ〜んなで一緒にテーブルに集まって食べるお弁当も、私は何故かすごく好き。同じ日々を、同じ課題を共に、そしてゴールまでまだまだの時点の「つかの間の休息」を誰かと共に出来るのはとても嬉しく感じます。だからシュチュエーションがパイプ椅子であろうと、紙コップに割り箸であろうと充分に美味しく嬉しいひと時です。うんうん!つくづく「おいしい」というたった4文字を引き出す深く広い意味の面白さを感じます。料理家として、スタイリストとして。そんないろんな空気を含めて表現していきたいなという想いです。

「Perche No!?」のランチを終えておともだちと別れた帰り道、Pissenlitの中島さんに教えて頂いた、大橋の「Organ」さんへお邪魔しました。細いビルの階段をひたすら4階まで上り、ワクワクしながら開けた扉の向こうにはと〜っても面白い世界が広がっています。
e0254335_12172985.jpg

e0254335_1218115.jpg

e0254335_12183097.jpg

e0254335_12185716.jpg
オーナーさんが海外から買い付けてこられたアンティークものを中心に国内のものも少し取り扱われているお店。この日はちょうど北欧から戻られたばかりで、店内には北欧を感じられる作品がたくさん。写真を撮り忘れたのですが、ベルギーのアントワープで見つけられたという古い植物の図鑑を額に入れたものがとっても可愛かったです!
この日、私はこちらを購入しました♪
e0254335_12232858.jpg

リトアニアから購入してきたばかりのリネンのテーブルマット。色味やデザインが好きで即決しました。日本のプロダクトにはあまりこの微妙な「ライトグレー」の色合いって見かけない気がします。個人的には合わせやすく、ナチュラルにもカジュアルにも傾く好きな色です。
あ〜、他にも気になるものが沢山な素敵なお店でした!またお邪魔します♪
[PR]



by keiko-cerely | 2012-11-25 12:29 | life

Felicitations!!

随分と日にちが経ってしまいましたが・・・
先日はお友達のカメラマンottiこと「大塚紘雅」さんと美容室Pupaオーナーの「まゆみ」さんお二人の結婚パーティにお邪魔させていただきました。
e0254335_21583088.jpg

e0254335_2211510.jpg

東京からは、六本木ヒルズにご出店なさっている博多織の着物ブランド[awai] の木下さんや

e0254335_2241935.jpg

浄水通りのフレンチ[アトリエOki]の沖シェフ。 オッティは、沖シェフのレシピ本や着物のスタイリング本の写真も手がけられる売れっ子カメラマン。
この日はサプライズでアトリエオキのスペシャリテ、オマール海老を「じゃんけん」で勝った2人にふるまうという豪華でおちゃめな演出も☆

e0254335_22811.jpg

会場はキラキラとあたたかい空気で盛り上がります♪
e0254335_2285312.jpg

会場はオッティの高校時代からの同級生である渕上さんのお店「Jam-Jam」さんです。
e0254335_22141215.jpg
 
ちなみにみごとオマールを射止めたお二人のうちのひとりがこの男の子!将来はお料理人になりたいんだとか!?とっても粋なかわいい子でした♡
e0254335_2294039.jpg


e0254335_22113970.jpg

大人なお二人らしく穏やかであたたかいパーティでした。
otti & まゆみさん、 おめでとうございます〜♪ これからも益々と仲良く素敵に、幸せな日々を歩まれますように♡
[PR]



by keiko-cerely | 2012-11-23 22:49 | life

おやすみの日。

お昼過ぎに仕事を終え、そこからいちにちフリーなある日。
いつものごとく糸島に暮らす仲良しの友人宅へと向かいました。糸島へ向かうときはいつも高速を利用するのですが、未だETCのついていない西九州道、ですがあそこのおじちゃん達はいつも朗らかで明るくて、「こんにちは〜、前原までお願いします〜!」「はいどうぞ〜っ!お気をつけて〜!」と笑顔でやりとり出来るのがちょっと楽しみだったりもします(笑)だんだんと澄む空気、音、匂い、景観・・・やっぱりとってもいいところです。近年の「観光地」としても価値ももちろんですが、友人が暮らすようになり、一緒にお買い物だったり保育園のお迎えについて行ったり「生活する」という視点からも、糸島という地を、とっても魅力的に感じます。
友人宅ではいつも一緒に夜ご飯を作って、私も一緒に家族だんらんに混ぜてもらいます。
この日は、Parisのイスラム寺院で食べて感動した「レモンとオリーブのタジン」を作りました。帰国したら作って一緒に食べたい〜!っと想って、向こうのマルシェでクスクス、レモンの塩漬け、色とりどりのオリーブを買っていました。
e0254335_2294293.jpg

トマトやタマネギやお芋など、たっぷりの糸島野菜と鶏肉に、塩漬けレモン、オリーブ、そしてシナモンやパプリカ等数種類のスパイスと塩を加えたら水も一切加えずに蓋をしてただただ加熱するだけ!じっくり火が通ってくるころには部屋中に優しいスパイスの薫りがふわああぁ〜んっと漂います。
野菜から出たたっぷりのスープと共に、蒸したクスクスにかけていただきます。
e0254335_22155661.jpg

e0254335_22162663.jpg

他には・・
e0254335_22194264.jpg

カブと柿のサラダに
e0254335_22205629.jpg
 大根と春菊の韓国煮。「前日に作ったお鍋のスープがとっても美味しくて。スープだけになっちゃったけどこれを何かに変身できないかなぁ?」とYちゃん。味見してみるとちょっとオイリーな胡麻油とお肉の旨味に、椎茸などの野菜のダシがしっかりと出たスープ。冷蔵庫の食材とにらめっこして・・・今宵は大根と目が合いました!笑
ベースのスープにオイスターソース、醤油、白ねぎ、生姜、ニンニク、甜麺醤に豆板醤にコチジャンに豆豉。それらをちょっと甘めにまとめて大根に染ませるように煮てみました♪
しみじみほっこり。実はこんなお料理大好きです。  そしてこんなナチュラルなYちゃんの感覚も大好き。お料理で大雑把にささっとすることと、大切にしたりのポイントの感覚が似ていて(と勝手に想っていますが、私のほうが数倍大雑把デス。汗)とっても楽しいです。
先日は「ほっこりおかずが食べたい〜!」っと甘える私に肉じゃがを作ってくれました。仕事柄、プライベートで誰かにリクエストして作ってもらうことってなかなかありません。「普段着のおかず」なんかは特に。これがすっごーーーーーーっく美味しかった〜!割と誰もが作れる定番料理こそ、誰かにつくってもらえるというのは贅沢だし、味の濃さや甘さの塩梅がピッタリなほんとうに本当に美味しく幸せなほっとする味でした。
今宵もおごちそうさまでした♪とっても仲が良く、あたたかい友人家族の側ではいつもゆっくりとした時間と安らぎと元気を沢山もらっています。いつもありがとう!

e0254335_23173649.jpg

糸島で出会った珍しい配色のダリア。かわいい〜♪
[PR]



by keiko-cerely | 2012-11-18 23:26 | life

福岡を中心に活動する料理家/スタイリストkeiko。ムービー、スチール、ディスプレイデザインなどなど。日々出会うあんなことやこんなこと、幸せな毎日に感謝を込めて。
by Keiko
プロフィールを見る
画像一覧

Marche de Paris
~keikoと巡るParis.マルシェと雑貨の旅~詳細はコチラ





最新の記事

外部リンク

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧