keiko

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧




日々のこと。

 最近のそとごはん。
まずは春吉の小ばこフレンチ「Pissenlit」さん。この日は急に時間が合って、父と姉、それから3ヶ月の姉の息子ちゃんもそろってのほのぼほランチです♪
e0254335_11451079.jpg

e0254335_11455094.jpg

e0254335_11462061.jpg

e0254335_1147491.jpg

小さい子連れでしたが中島さんご夫妻にやさしく迎えて頂けて幸せなランチでした〜!メインは羊肉です♪
お料理はもちろんですが、この空間と、カトラリーやグラスや壁の装飾のインテリアのセンスが大好きです。そうそう、この日はタヒチ産のヴァニラを頂いて・・ちょっとスパイスを想わせるような薫り。何か面白いお料理が出来そう〜!とわくわくしながらただいま妄想中です。 タヒチ産ヴァニラを使ったお料理、作ったらまたご紹介させて頂きますね☆

また別のおやすみの日。
けやき通りのイタリアン「Perche No !?」さんにてparisの料理教室を紹介して頂いたり、とってもお世話になったおともだちと久々のランチです。
e0254335_11571883.jpg
 
e0254335_11574611.jpg

e0254335_11581494.jpg

定番のたっぷりな前菜はやっぱり嬉しくなる一皿です♪そういえば、普段はほとんど魚介系を選ぶ私ですがこの2回の外食はお肉系が続いています。ジビエの時期になるとやっぱり選びたくなります。この日のパスタは「鹿肉ときのこ」。もう着々と季節は巡っていますね、ポルチーニの薫りがとっても美味しい「旬」の味に おいしぃ〜!となりつつ、いつまでも尽きない楽しい話しに元気をもらいました☆ 
・・・こんなに美味しそうな写真を一気に並べると、我ながらいかにも美食の日々を送っていそうです〜!なのでなので、誤解のなきよう料理家の現実もお伝えします!実はこのランチの前日4日間は、カタログや雑誌のスチール撮影のため毎日15時間程度窓のないスタジオにこもりっきり!超タイトな撮影につき一歩も外へ出られず、食事は毎日お昼すぎにスタジオのアシスタントの子が買ってきて下さるお弁当だけで乗り切りました〜!そんな日々の後だったから余計に贅沢な感じがしちゃいます♪(笑) だけど、撮影の合間にみ〜んなで一緒にテーブルに集まって食べるお弁当も、私は何故かすごく好き。同じ日々を、同じ課題を共に、そしてゴールまでまだまだの時点の「つかの間の休息」を誰かと共に出来るのはとても嬉しく感じます。だからシュチュエーションがパイプ椅子であろうと、紙コップに割り箸であろうと充分に美味しく嬉しいひと時です。うんうん!つくづく「おいしい」というたった4文字を引き出す深く広い意味の面白さを感じます。料理家として、スタイリストとして。そんないろんな空気を含めて表現していきたいなという想いです。

「Perche No!?」のランチを終えておともだちと別れた帰り道、Pissenlitの中島さんに教えて頂いた、大橋の「Organ」さんへお邪魔しました。細いビルの階段をひたすら4階まで上り、ワクワクしながら開けた扉の向こうにはと〜っても面白い世界が広がっています。
e0254335_12172985.jpg

e0254335_1218115.jpg

e0254335_12183097.jpg

e0254335_12185716.jpg
オーナーさんが海外から買い付けてこられたアンティークものを中心に国内のものも少し取り扱われているお店。この日はちょうど北欧から戻られたばかりで、店内には北欧を感じられる作品がたくさん。写真を撮り忘れたのですが、ベルギーのアントワープで見つけられたという古い植物の図鑑を額に入れたものがとっても可愛かったです!
この日、私はこちらを購入しました♪
e0254335_12232858.jpg

リトアニアから購入してきたばかりのリネンのテーブルマット。色味やデザインが好きで即決しました。日本のプロダクトにはあまりこの微妙な「ライトグレー」の色合いって見かけない気がします。個人的には合わせやすく、ナチュラルにもカジュアルにも傾く好きな色です。
あ〜、他にも気になるものが沢山な素敵なお店でした!またお邪魔します♪
[PR]



by keiko-cerely | 2012-11-25 12:29 | life

Felicitations!!

随分と日にちが経ってしまいましたが・・・
先日はお友達のカメラマンottiこと「大塚紘雅」さんと美容室Pupaオーナーの「まゆみ」さんお二人の結婚パーティにお邪魔させていただきました。
e0254335_21583088.jpg

e0254335_2211510.jpg

東京からは、六本木ヒルズにご出店なさっている博多織の着物ブランド[awai] の木下さんや

e0254335_2241935.jpg

浄水通りのフレンチ[アトリエOki]の沖シェフ。 オッティは、沖シェフのレシピ本や着物のスタイリング本の写真も手がけられる売れっ子カメラマン。
この日はサプライズでアトリエオキのスペシャリテ、オマール海老を「じゃんけん」で勝った2人にふるまうという豪華でおちゃめな演出も☆

e0254335_22811.jpg

会場はキラキラとあたたかい空気で盛り上がります♪
e0254335_2285312.jpg

会場はオッティの高校時代からの同級生である渕上さんのお店「Jam-Jam」さんです。
e0254335_22141215.jpg
 
ちなみにみごとオマールを射止めたお二人のうちのひとりがこの男の子!将来はお料理人になりたいんだとか!?とっても粋なかわいい子でした♡
e0254335_2294039.jpg


e0254335_22113970.jpg

大人なお二人らしく穏やかであたたかいパーティでした。
otti & まゆみさん、 おめでとうございます〜♪ これからも益々と仲良く素敵に、幸せな日々を歩まれますように♡
[PR]



by keiko-cerely | 2012-11-23 22:49 | life

おやすみの日。

お昼過ぎに仕事を終え、そこからいちにちフリーなある日。
いつものごとく糸島に暮らす仲良しの友人宅へと向かいました。糸島へ向かうときはいつも高速を利用するのですが、未だETCのついていない西九州道、ですがあそこのおじちゃん達はいつも朗らかで明るくて、「こんにちは〜、前原までお願いします〜!」「はいどうぞ〜っ!お気をつけて〜!」と笑顔でやりとり出来るのがちょっと楽しみだったりもします(笑)だんだんと澄む空気、音、匂い、景観・・・やっぱりとってもいいところです。近年の「観光地」としても価値ももちろんですが、友人が暮らすようになり、一緒にお買い物だったり保育園のお迎えについて行ったり「生活する」という視点からも、糸島という地を、とっても魅力的に感じます。
友人宅ではいつも一緒に夜ご飯を作って、私も一緒に家族だんらんに混ぜてもらいます。
この日は、Parisのイスラム寺院で食べて感動した「レモンとオリーブのタジン」を作りました。帰国したら作って一緒に食べたい〜!っと想って、向こうのマルシェでクスクス、レモンの塩漬け、色とりどりのオリーブを買っていました。
e0254335_2294293.jpg

トマトやタマネギやお芋など、たっぷりの糸島野菜と鶏肉に、塩漬けレモン、オリーブ、そしてシナモンやパプリカ等数種類のスパイスと塩を加えたら水も一切加えずに蓋をしてただただ加熱するだけ!じっくり火が通ってくるころには部屋中に優しいスパイスの薫りがふわああぁ〜んっと漂います。
野菜から出たたっぷりのスープと共に、蒸したクスクスにかけていただきます。
e0254335_22155661.jpg

e0254335_22162663.jpg

他には・・
e0254335_22194264.jpg

カブと柿のサラダに
e0254335_22205629.jpg
 大根と春菊の韓国煮。「前日に作ったお鍋のスープがとっても美味しくて。スープだけになっちゃったけどこれを何かに変身できないかなぁ?」とYちゃん。味見してみるとちょっとオイリーな胡麻油とお肉の旨味に、椎茸などの野菜のダシがしっかりと出たスープ。冷蔵庫の食材とにらめっこして・・・今宵は大根と目が合いました!笑
ベースのスープにオイスターソース、醤油、白ねぎ、生姜、ニンニク、甜麺醤に豆板醤にコチジャンに豆豉。それらをちょっと甘めにまとめて大根に染ませるように煮てみました♪
しみじみほっこり。実はこんなお料理大好きです。  そしてこんなナチュラルなYちゃんの感覚も大好き。お料理で大雑把にささっとすることと、大切にしたりのポイントの感覚が似ていて(と勝手に想っていますが、私のほうが数倍大雑把デス。汗)とっても楽しいです。
先日は「ほっこりおかずが食べたい〜!」っと甘える私に肉じゃがを作ってくれました。仕事柄、プライベートで誰かにリクエストして作ってもらうことってなかなかありません。「普段着のおかず」なんかは特に。これがすっごーーーーーーっく美味しかった〜!割と誰もが作れる定番料理こそ、誰かにつくってもらえるというのは贅沢だし、味の濃さや甘さの塩梅がピッタリなほんとうに本当に美味しく幸せなほっとする味でした。
今宵もおごちそうさまでした♪とっても仲が良く、あたたかい友人家族の側ではいつもゆっくりとした時間と安らぎと元気を沢山もらっています。いつもありがとう!

e0254335_23173649.jpg

糸島で出会った珍しい配色のダリア。かわいい〜♪
[PR]



by keiko-cerely | 2012-11-18 23:26 | life

蕪と豚肉の坦々スープ

 今週のももち浜ストアでご紹介させて頂いたお料理はこちら☆
e0254335_11371891.jpg

『蕪と豚肉の坦々スープ』です。カブ、美味しいですよね。野菜に季節感がなくなり、年中手に入るようになったとはいえ、蕪はやっぱりこの寒〜い時期だけ、そしてこの寒〜い季節だからこそより美味しく感じられる気がします。
そんな蕪ですが、実は皮の周りには沢山繊維があって、だんだんと「とう」が立って口溶けが悪いこともしばしば。今回はお料理屋さんの下ごしらえのように、贅沢に厚く皮を剥きます。そうすることで本当に「とろける」という表現がぴったりなトロトロ食感に加え、スープの味がしっかり短時間で染みた格別の美味しさに仕上がりますよ♪ でもでも。今回のポイントはその剥いた「皮」! 実はあのシンンプルな見た目からは想像がつかないほど濃い風味と旨味を持っているカブは、煮込むことでその旨味がスープにしっかり溶け出します。そして皮の周りがより風味が強いもの。剥いた皮を捨てることなく「ダシ」として一緒に煮込みましょう!今回は鰹等のダシは加えずにシンプルに。カブの旨味と肉団子から出る旨味だけでスープのだし汁は完璧です!ぜひぜひ試してみてください。
そうそう、おうどんやラーメンの麺を入れたり、土鍋に作って、他にキャベツやごぼう、もやしや、豚肉のしゃぶしゃぶ、お豆腐なんかをたっぷり加えて「鍋料理」としてもおすすめです♪


先日は佐賀県の「武雄」へ行ってきました。昨年の「駅弁開発」に引き続き「まち弁」、つまりは地元の方々へ向けて日常的に身近に喜んで利用して頂けるお弁当作りのプロジェクトです。武雄といえば「ちゃんぽん」が有名ですが、あちらも元々は地元の方々の間で重宝されていた「ご当地グルメ」です。そんな感じで地元の方々の需要や要望に焦点を当て、長く愛されるものを地域の行政の方々がサポートするカタチで仕出し屋さんと一緒に楽しく作っています。
e0254335_1153073.jpg

前回はそれぞれの仕出し屋さんの方々に、共通のテーマに沿ったお弁当を考案し、お持ちより頂きました。皆さんとっても美味しく、そして楽しみに溢れたお弁当の数々! 
ですが体調不良で欠席せざるを得なかったとあるお店の女性。実はご懐妊でつわりが辛く、お弁当を作れなかったそう。もちろん無理をせず、堂々と喜ばしいことに私たちも応援の気持ちでいっぱいだったのですが、会合が終わる帰り道、「ちょっとお店に寄ってくださいませんか?」とのご連絡があり・・
お店に向かうとこんなに素敵なお弁当をご用意下さっていました。大変ななか、それでも全体の流れをご配慮頂いて精一杯のご協力を頂いて嬉しいのと感謝と、そしてこのプロジェクトと地域への愛着があってこそだなあと改めて感じました。・・・つわりの中での立ち仕事、お弁当の匂い、一番辛い時期にどれだけ大変だったろうと想うと、ぴったりな言葉が見当たらないくらいの感謝と嬉しさでいっぱいになりました。
武雄の皆様!私に出来る事、全力でサポートさせて下さいね。これからもよろしくお願いします♪
[PR]



by keiko-cerely | 2012-11-17 12:02 | 仕事

cahce-cache お祝いケータリング

 11月1日。この日は桜坂cache-cacheさんの移転1周年+結婚記念日+その他いろいろ。のお祝いパーティの日です♪ 数日前に企画が盛り上がり、ケータリングをさせて頂きました。仕込みは全て自宅で済ませ、お店に到着してから仕上げ&セッティングという流れです。
 イロトリドリ、雑誌から飛び出してきたような可愛い店内にピッタリ会うようにデザインしたfoodはこまごまと多種多様。 1人では開始の時間に間に合わないところですが、お店に到着すれば心強い豪華なパワフルでスペシャルなアシスタントさんが2名!
 建築家ミヤギマサコさん avec フランスファッションブランド店長のんちゃんさん。本日は異色の3人でのお料理ユニット結成です☆
e0254335_1752634.jpg


e0254335_177406.jpg

子供用のたまごサンドに・・・
e0254335_1782261.jpg

クレープ用の鉄板で焼いたバゲットには自家製のサバの薫製+ポテトの組み合わせ。
e0254335_17103524.jpg

e0254335_1711526.jpg

e0254335_17143793.jpg

e0254335_17155114.jpg

たまごの殻には一口サイズのキッシュやチキンの香草焼きを。ピックに使っている牛さんマークの旗は、フランスで大量購入してきたもの。もともとお肉料理やさんがお肉の焼け具合を記すために刺して使うもので、探していたけどなかなか見当たらず・・。フランスで、業務用調理器具卸しのお店のムッシュに聞いてきいて、棚の奥から引っ張り出してもらったものです(笑)「何に使うの?」って言われながら。
e0254335_17223317.jpg

e0254335_17334120.jpg

ブルーチーズのムースを詰めたシューケットに,,,,
e0254335_17244865.jpg

キャベツと人参を一晩圧力をかけてぐるぐる巻きにしたピンチョスに生ハムとディルのムースを乗せて。
e0254335_17282475.jpg

e0254335_19581781.jpg
 
バゲット1本まるごと使った大きなおおきなサンドイッチには南仏野菜とチキンをハーブでマリネし、グリルしたものをたっぷりと挟んでローズマリーの枝と凧糸でグルグル巻きにしておめかしを。・・・たべにくいけどね。今日はパーティだから、たくさんわくわくしてもらってからヒモを解くのです♪効率を求めずのんびり愉しもう、きっときょうはそんなとくべつなひ。 失敗もみんなで笑いとばしながらの楽しい準備はまだまだ続き・・・
e0254335_17362524.jpg
三段のトレーの一番下には10合分のパエリアがボール状に並びます。ちょうど用意していたピンポンマム(一番上の段のお花)とよく合って可愛い♪ 中段にはキッシュとキャロットラペ。キャロットラペにはフランスで買った「レモンの塩漬け」を加えて薫り付け。とっても好評で嬉しかった〜。パエリアおにぎりの周りには、同じくフランスのマルシェで買っていたイロトリドリのオリーブを、楊枝代わりのローズマリーの枝に直接刺しておつまみに。・・・ローズマリー、育てるとすぐに枝になってしまいますが、その枝ごと楊枝としてつかえば、竹串や爪楊枝、市販のピックよりもずっとずっとおしゃれで安価でおすすめですよ☆
それから、ほとんどの写真にチラチラと写っている、ホワイトにピンクの模様のついた三角の板。ガーランド(フランスの定番の三角の天井飾りの旗)をホワイトチョコレートで、そして模様は秋にフランスで料理教室をさせて頂いたLa cocotteの転写シートを使って手作りしました。 実はこれ、とってもとっても頭を悩ませた一品だったのですが、間違いなく可愛い!という確信があったので、プロフェッショナルなパティシエ、春日市の「パティスリールイ」の店主ルイさんのお仕事場までお邪魔して一緒に考えて頂きました。おかげさまでこの仕上がり♡「食べれるよ」っと言ったら最後は子供たちの争奪戦にあいながら、何とか皆様のお土産としてお持ち帰り頂きました♪
e0254335_17563471.jpg

e0254335_1758372.jpg

着々と準備も揃い、こどもゲストも到着。。。っと思ったらすぐにキッチンに侵入してつまみ食い! とっさにノンちゃんがあげた「パンのみみ」にはまった様子でずっとのんちゃんに「パンみみちょうだい〜!」攻撃です。笑
e0254335_1824054.jpg
 
e0254335_1863448.jpg

まちきれない様子のこどもたち。。。っとなればさあさあこのかた!マリさんの旦那様+ソムリエ+ランデヴーデザミオーナーのまっちゃんさんによる泡☆
 
e0254335_1824541.jpg

e0254335_18185538.jpg
 
e0254335_1817169.jpg

e0254335_18263195.jpg
e0254335_1821875.jpg

ママの到着が少し遅くって寂しかったマコちゃんも...
e0254335_1820352.jpg

ママのゆかりんさんが到着したら元気になったね♡よく頑張ってたよね、ほっこり。
e0254335_1802210.jpg

遠くは山梨からotojouデザイナーの雨宮さん。
e0254335_1828332.jpg

e0254335_18284657.jpg

花材が余ったので、ちょこちょこっとディスプレイもしてみたりして。 

とってもとっても楽しい出会いと笑いに溢れた時間でした。「まりさん&cache-cacheさんへ」と思い立ったこの企画がいつの間にか誰から誰にか解らないような、ただただみんながHappyで何だか嬉しい時間へと流れていったこと、そこには個性ばらばら、業種ばらばらな楽しい仲間がそれぞれを想いやり、それぞれに出来ることを、と企んだ結果だと思います。私は、とってもお世話になったまりさんへこうして料理で愉しんでもらえたことと、それから一緒にユニットを組んでくれたお二人が「料理って楽しい〜〜!」っと喜んでくれたこと。とってもとっても嬉しかったです。
またひとつ、cache-cacheさんでの楽しい想い出が増えました。たくさんのHappyに包まれたこのお店がずっとずっとHappyでありますように。 おめでとうございました☆

・・・パーティのかえりみち。異色ユニット3人組が向かったのはほっこりな居酒屋兼定食やさん。
e0254335_18414787.jpg

きらきらな世界の後には、こんな豚汁でしめくくり。ふぅ美味しい〜。
・・何だか最近、母がお椀い〜っぱいにおろしてくれる「大根おろし」が食べたいなぁ。笑 決して高価ではないけれど、自分でおろせるものをおろさない贅沢。たくさんおろすのって結構な作業、それを焼き魚に添える量の10倍くらいを汁ごとご飯にかけてお茶漬けのように食べていました。そこにおばあちゃん手作りのお漬け物も混ぜたりして。母と、大根の水分が多いときは「じゃぶじゃぶやね〜!」辛いときは「ひーひー!!」言いながら。 他に豪華なおかずがあったとしても妙に好きだったあの味。笑
きらきら華やかなテーブルにも、ほっと癒されるテーブルにも、誰かと囲むテーブルはやっぱりそれぞれに幸せな温度を、色を、まとっているものですね。
[PR]



by keiko-cerely | 2012-11-04 19:15 | life

福岡を中心に活動する料理家/スタイリストkeiko。ムービー、スチール、ディスプレイデザインなどなど。日々出会うあんなことやこんなこと、幸せな毎日に感謝を込めて。
by Keiko
プロフィールを見る
画像一覧

Marche de Paris
~keikoと巡るParis.マルシェと雑貨の旅~詳細はコチラ





外部リンク

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧