keiko

『m.macaron 』& Promenade sympa a itoshima♡

大好きなcache-cacheさんで開催された、これまた大好きな刺繍作家マカロンさんの展示会。前日に知ったのですが、これはどうしても行きたい〜!・・・ということで、用事があったのですがその直前ギリギリまでに滑り込み♪
e0254335_23222944.jpg
「こちら、たいへん素晴らしい作品になっております。」・・・と。夏休み中のmanonちゃんが本日のはりきりマダムでございます。笑e0254335_2323432.jpg
それにしても本当に見惚れるmacaronワールド満載です!ドット柄のお花は私も愛用していて、髪の毛をまとめたときにアクセントにつけたり、洋服につけたりバックにつけたり・・。かなり愛用しています。親友が誕生日にこそっとオーダーしてくれて、色の組み合わせやサイズも微妙に違う一点もの♡
e0254335_23244180.jpg

今日はその新作「パンジー」もお披露目されていてヒトメボレ。。迷った末に、淡ピンク×淡水色 の組み合わせをいただきました。夏は、シンプルなTシャツや浴衣なんかと合わせてもよさそうです♪うれしい〜♡
e0254335_23252835.jpg

細かい刺繍の花に鳥にと贅沢なフリンジふりふりガーランドや・・・
e0254335_2326129.jpg

いもむし〜〜♡
e0254335_2327245.jpg

右から店主マリさん、作家m.macaronさん、看板娘manonちゃん。
e0254335_2328739.jpg

まだまだず〜っと眺めていたいような作品ばかりでしたが、、気付けば次の待ち合わせまでタイムリミットは15分!!「いってらっしゃ〜い!!」と送り出されて急いで次へ向かいますっ。

この日は、フランスから一時帰国している友人と一年間ルームシェアして留学していたチカラくんも誘っての糸島ぶらり日和です。 ひとまずおそば屋さんでおひるごはん。
e0254335_23285920.jpg
e0254335_23322444.jpg

ちかこちゃんとNicolas. この二人が一時帰国組です。ちかこちゃんは私がフランスで料理教室したときにもお手伝いしてくれたりと、本当にお世話になりっぱなしの優しくて聡明でやんちゃな大好きな友人。歳は下なのですが、完全にお姉さ〜ん。笑 彼氏のNicolasは建築家ですが絵描きさんでもあります。仲良しのふんわりした、いっつも笑ってる2人。
e0254335_23331626.jpg

蕎麦のメニューを説明しながら。。茗荷そばの「ミョウガ」の味の説明に苦戦です。笑 「Gingembre」(生姜)科の野菜で〜、でも味はフヌイユを1000倍強烈にしたような〜・・みたいな。。。こればかりは「食べんとわからんワカラン」ですね。笑
e0254335_23343867.jpg

おろし蕎麦の大根や紫蘇にも大満足でよかったよかった♪茗荷そばも美味しかったです。こちらおそば屋さん「山崎」さんはたくさんのお客様で賑わっていました。(お忙しいなか、写真を撮って下さってありがとうございました。)
e0254335_9591220.jpg

その後は海岸線をぶ〜らりぶらり。楽しみにいていた「芥屋の大門」の遊覧船は生憎のお天気で欠航でしたが、絶対雨が降ると言われていたこの日、曇り空ながらもなんとか持ちこたえてくれた空に感謝です!そうそう、宮浦の手作りからくり木のおもちゃ「おれんじ村」さんへも行きました♪
e0254335_9523844.jpg 
あっと言う間で楽しい一日でした〜♪帰り道、「連れて来てくれてありがと〜!どこかCafeで珈琲とドラ焼きをごちそうさせて!!」と言う、日本に来てはじめて食べた「ドラ焼き」にはまったらしいチャーミングなNicolasに大笑い。どら焼きは無かったので、みんなで「千鳥饅頭」やさんに立ち寄って、珈琲とおまんじゅうをおご馳走になりました!笑
ありがと〜っ!また遊ぼうネっ♡
[PR]



# by keiko-cerely | 2013-07-29 00:03 | life

Cai-on 白ワインの会

先日のコト。。
西新のCai-onさんで催された「白ワインの会」
中村酒店さんとのコラボで、最初から最後まで「白」とお料理のマリアージュを楽しんで頂こうという企画です。先月から楽しみにしていたこの日、私はキッチンで伊藤シェフのお手伝いをさせて頂きました。
e0254335_20245336.jpg


リストを眺めるだけでもわくわくするワインとお料理の数々!ゲストは15名のみなさまです。

まさに今の時期、盛り上がりをみせている活オマール海老。この日の会でもたっぷりと使用しましたよ。
e0254335_20471782.jpg


e0254335_20484533.jpg


余熱を利用した絶妙なタイミングで茹で上げた後、氷水で止めて捌くとこの通り!ジャストな火入れ、ばっちりな身入りにモチベーションも急上昇です。次々に捌き、マリネにした身をポーションにわけて・・・
e0254335_20563051.jpg

サーブする直前、この上にルッコラを加えたサルサヴェルデとプロシュートの薫りを移したペリエのジュレ(微発泡が残ります)をあしらいます。 
コライユ(ミソ)と爪は、アボカドと合わせてクネルにし、殻のなかに絞り出します。
ガスパチョと共に3品を盛った、夏らしいトーンの爽やかな「赤」のアシェット。
e0254335_2351262.jpg


今回、カメラは持ち込んだものの真剣に「スタジエ」させて頂いたので、どうしてもサーブ直前のお皿はゆっくり撮れるはずもなく、ブレブレなのだけが心残り。笑 (せめてオートにしておけばよかったのかな!?)ですので仕込みの最中の写真を中心にご紹介・・・
e0254335_21104135.jpg
 

こちら「茄子のムース」はフランス語で「Caviar d'Aubergines」。ナスのキャビア風、貧乏人のキャビア、なんて揶揄もあるくらい定番の、滑らかでリッチな味わいです(茄子の種のツブツブをキャビアに例えたのだとか) そんな茄子のムースに、今夜は本物のキャビアをたっぷりとトッピングして仕上げました。
e0254335_21161644.jpg
 

雲丹のムースと、コンフィしたサザエは穴子で挟んでパートフィロで包み、直前に焼き上げてソースナンチュア(甲殻類を煮出したソース)と合わせます。
e0254335_21214853.jpg

e0254335_2134367.jpg

こちら、指で丁寧になぞっているのは「帆立のクリスティヤン」の制作中。「クリスティヤン」とはクリスタルガラスのように薄くハラリとしたテクスチャーという意。帆立をベースにつくった生地を波の波紋をイメージしながら指で伸ばし、焼いていくとこんなアイテムに!
e0254335_2131542.jpg 
こちらはスズキのお料理ですが、添えてあるジャンボマッシュルームも、生をカットしているときからとってもいい薫り。一晩だけ軽く乾燥させてありました。
e0254335_2141927.jpg
 
牛蒡を包んだイベリコ豚は、網油で包んで焼き・・・
e0254335_21402681.jpg

e0254335_21511273.jpg
ホロホロ鶏と共に、プラムとリンゴのコンフィチュールを添えて。  伊藤シェフのお料理は、絶妙な味の重ねだったり試みだったり、いつも感動させて下さる繊細で新しい仕掛けがありつつ、しっかりと堂々とした「風格と自信」がにじみ出るようなほっとするビストロっぽいお料理、ぶれることなく「絶対おいしい!」の感覚のお料理というか・・・私なんかが生意気に色々上手くは語れませんが(笑)。とにかく大好きなお店、連日カウンターは予約必須です。
デセールはフォンダンをセルクルで抜いて、その上にキウイとメロンのマチェドニアを飾りました。
e0254335_2265050.jpg

右側はブリアサヴァランというフロマージュとドライフルーツ、左側はジューシーなフルーツの味わいとの対比を楽しみながら。
e0254335_22104637.jpg


たくさんの時間をかけて想いをかけて作ったお料理の数々は、7時からの宴の開始と共にどんどんとゲストの楽しい時間へと昇華し、広がり、あっという間に終焉となりました。
たくさんの笑い声、美味しい〜〜!の声、はたまたサプライズで企画していたゲストの入籍祝いのケーキサービスでは、なんと常連さんである九州交響楽団のバイオリニストの方が生演奏で登場して下さったりと・・
あたたかな雰囲気のなか、久しぶりにお店の厨房に立ち、「料理人」という仕事の現場に立たせて頂き、そして久しぶりに「指示をもらえる」立場で無心に目の前のことに集中させていただき、心身ともに大きくリフレッシュさせていただきました。もちろん、多くのことを教えて頂きながら。
「組み立てて料理する」という作業の楽しさ、お店をするということの大変さと緊張と尊さと・・・なにより「表現する」という作業に向き合ったときに感じるワクワク感は、小学生の時に紙粘土や絵の具を与えられてわっくわくした図工の時間と未だに同じで。改めて好きを確認させて頂けた、豊かで賑やかな学びの夜。
ご来店下さったゲストの方々、伊藤シェフ、中村酒店のみなさまに改めて感謝致します。ありがとうございました。
e0254335_2392187.jpg
e0254335_22421212.jpg
e0254335_22424047.jpg 
・・楽しかった〜〜!!!笑♪
[PR]



# by keiko-cerely | 2013-07-27 22:54

Pattiserie Rui ***

e0254335_1911715.jpg

最近、お店のショーケースを新しくされたと聞いて楽しみにしていたルイさんのお店。ドアを開けた瞬間に心の中で「いいね!」を100回くらい押しました。笑
緑に囲まれた住宅街にあるお店の扉を・・・開けたとたんに広がる異空間!!もともともっているお菓子のオーラにさらにさらに魅せられます。
e0254335_20352911.jpg

そのなかに並べられた作品の数々・・・
e0254335_2036125.jpg

e0254335_19303735.jpg

e0254335_19375212.jpg
e0254335_20394870.jpg



e0254335_1933519.jpg

e0254335_19342792.jpg

e0254335_1935110.jpg



もう嬉しくなるような楽しくなるようなデザインの作品ばかりで写真を撮っても撮っても撮り足りない。笑   この感性を「素敵」なんていう簡単なコトバでなぞるのはとってももったいないと想ってしまうくらいです。重厚でいてとっても艶やか。。洗練されているけれどあたたかくてほっこりやさしい、そんな印象です。アリスなんかのグリム童話の世界に出てきそうだな〜なんて想ってみたり。

今回は新作のこちらを頂きました。
e0254335_19594154.jpg

「verdure」
 (フランス語で緑の意)とくに今の時期の初夏の緑にピッタリな、清涼感ある若々しい緑色のイメージ通り、ミントの風味をしっかりと効かせた爽やかなSweetsでした。ミントって大好きです。
流行のモヒートもいいですが、定番の「チョコミント」とか、モロッコのミントティーとか。ミントティーは、グラスにたっぷりのミントを入れて、上から熱い紅茶を注ぐだけなのですが、食後にス〜っと染みてくれる爽やかさで、甘いものと一緒に頂くとさっぱりとしますよ♪温かく香り立つミントは意外にもクセがなくやわらかい薫り。
そうそう、横に添えてあった「すもものジェラート」の酸っぱさも最高のマリアージュ!本格的に暑くなってからは初訪問でしたが、夏のPattisserie Ruiには、今の季節だからこそ楽しめる魅力的な世界がたくさん広がっていました♪ 新作のジュレ、グラスに入ったヴェリーヌのバリエーションも充実してたなぁ。。
カフェスペースもたっぷりあるし、お店の隣には広く豊かな公園も広がっています。夏休みのお子さんと遊びに出かけた休憩スポットにも最高のコースです^^♪

[Pattisserie Rui]
春日市岡本6−15
(tel)092-558-8083
(店休日)火、水
[PR]



# by keiko-cerely | 2013-07-21 20:27 | life

なつのいちにち。

・・・ぬけるように碧い空に広がる蝉の声、蒼々と茂る草木の匂いにすっかり夏を感じる季節になりましたね。先日のももち浜ストアでご紹介させて頂いたレシピも、そんな夏に嬉しいこちらのお料理です。
e0254335_10254367.jpg



e0254335_17341080.jpg

「おくらのすり流し」
すり流しとは、和食のポタージュのようなもの。季節の旬の食材を出汁でのばしたお料理です。懐石料理のなかでも特に季節感を届けてくれる一品。 旬のおくらを使って作ってみると、翡翠色の美しさに加えて「とろろ」のような美味しさも楽しめて。。これは色々なお料理、冷やしうどんや海鮮丼やしゃぶしゃぶのタレなどに是非ご紹介させて頂きたいっ!とワクワクしながら構想しました。夏の定番のさっぱり冷たいお料理、美味しいのですが割と「めんつゆ」や「ポン酢」の味付けを単調に感じることも。そんなとき、味は食べ馴れたやさしいお出汁の効いた味ながら瞳にも楽しいこちらのレシピ。冷や奴にかけても良いし、おもてなしにも使えるとってもオススメの一品です。ガラスの器を中心に麻素材の白いクロス、鉄製のトレー、初夏から勢い良く茂りはじめた元気の良い蔦を使ってスタイリングしてみました。翡翠色の鮮やかさをいちばん引き立ててくれるような白、そこに爽やかで涼しげな印象を、無機質な鉄や透明感のあるガラスなど、触ると「ひんやり」していそうな素材と組み合わせることで感じて頂けたらな、っと。
今回も本当にホントに楽しい現場でした。本番を迎えるまでは器を選んだりレシピを作ったり、、大変なことも沢山ありますが、その歩みにはプロデューサーさん、ディレクターさん、カメラマン、司会のかえちゃんはじめ画面では伝わらないほど多くの多くの方々が一緒にひとつの目的に向かって技術と想いを注いで創り上げて下さっています。その行程と、その空気とオーラに心から感謝と喜びを感じる毎回です。そしてもちろん、あたたかい感想や応援、励ましを下さる皆様に。感謝せずにはいられない大切な時間です。ありがとうございました。

・・・そして生放送を終えたこの日の午後からは、これもまた楽しみで嬉しくて待ち遠しかったイベントが。引っ越してしまった友人家族が急遽1泊で戻ってきてくれると聞き、仲間が一斉に集まってあっというまに大勢でのBBQです!!
e0254335_11261486.jpg

e0254335_1128363.jpg

真夏の夜にサンタさん。笑   去年のXmasに登場し、子どもたちを大泣きさせた偽ヒーロー?は、今夜も期待を裏切らず。。どうかトラウマになりませんように。暑くて汗かきながら、オジさんは頑張ってるのです!笑
花火にスイカ割りに、楽しい時間はあっと言う間!!ほんとうにほんとうにあっという間に過ぎてしまいましたが、とにかく可笑しくて嬉しくて幸せな夜。

翌朝は友人家族とゆったりまったり片付けながら過ごします。
どこかに出かけることもせず、以前のようにのんびりお料理して、食べて話しての大好きなじかん。
e0254335_1140243.jpg

イタリア茄子をシンプルにグリルして食べくらべ。
e0254335_11413397.jpg


生のままかじってみても、まったく苦みや嫌味のないピーマンとバナナピーマンはシンプルマリネに。マリネに使ったオイルは、「キヌ貝のオイル漬け」で残った美味しいオイル。IPI(イトシマペニンシュラインフォメーション)をされている柏木さんご夫妻が作られている絶品の逸品!実は、ここ最近で一番お気に入りの商品です。もちろん糸島半島で獲れたキヌ貝を使って作られていますし、とにかく美味しく、あまり知られていないというポイントから、最近のお土産、手土産には必ずといっていいくらいお願いさせて頂いています。(・・だから本当は本気でヒミツにしておきたいのです。笑)ふふふ。
そうそう、今回のBBQやお料理に使わせて頂いたお野菜も、ご好意でご夫妻に届けて頂いたものばかりです。焼いたらふわっふわにとろけるトスカーナ茄子や、初成りのロマーノ種のトマト。無農薬の空芯菜にホラパー(タイのスイートバジル)などなど。半島にはどんどん魅力的な野菜が育っているようです。生産者さん、関わる方々の日々のじかんと想いに育まれるように。。
e0254335_11582236.jpg


e0254335_11562560.jpg


ロマーノ種のトマトは、煮込んでソースを作り、釣りたてのチヌと茄子のパスタを作りました。余ったぶんは瓶に詰めてお土産に。。
e0254335_1215971.jpg


e0254335_1224699.jpg


お料理をしていたら、足元につかまって甘えてくる、相変わらず可愛くてたまらない友人の子。陣痛の瞬間から一緒だったから、もう自分で立って歩いている姿がしんみり嬉しくて、でもまだまだ小さいままでいて〜!!っと勝手なことを想ってみたりして。笑
e0254335_1274442.jpg


友人家族は帰る仕度をしなきゃなのに、外の片付けをしていたら暑くてあつくてたまらず思わずみんな海に入ってみたり。
e0254335_12111021.jpg
e0254335_12114743.jpg


今は離れていることが不思議なほど、以前と何ひとつ変わらない いちにちでした。
たった一日の出来事に、これだけ大勢の仲間が遠方から、忙しい仲間が仕事を終えてから。とにかくみんなに逢いたくて集まって笑って過ごす、ただそのためのタメに。。
友人たちの人徳そのもので現れたひと夏の夢のようなご褒美のような、幸せなシアワセなじかんでした。
嬉しかったり苦しかったり、日々はたくさんの感情に彩られ綴られて行くなかで。私にとってどんなときでも幸せを感じる変わらない価値は、いつでもすぐ側にあるこうした穏やかでやさしい感情をもった日々。その芯をいつもココロに。そう居れる自分であるように。
ときに苦しく辛い泪も、ときに嬉しく楽しい涙も、全てに育てられている今に向き合って、まいにちを大切にかさねて行きたいと想います。そして何より、家族や友人たちの幸せな日々を願って!この夏もたくさん笑い合えますように☆
e0254335_12342268.jpg


[PR]



# by keiko-cerely | 2013-07-20 12:46 | life

春ですね♪

まずは先週のももち浜ストアでご紹介させて頂いたお料理から・・・
e0254335_931651.jpg

『新じゃがとプロッコリーのクロケッタ』です。クロケッタとはスペインのコロッケの呼び名です。(ちなみにスペインでコロッケといえば、おつまみ感覚のクリームコロッケが主流です)
今回は滑らかな新ジャガと一緒に刻んだブロッコリーをくたくたに煮て混ぜ込むのがポイント。日本ではとにかく食感重視で茹で過ぎ厳禁!なブロッコリーですが、原産国イタリアではパスタのソースに、煮込み料理にとしっかり加熱して味わう調理法が多くみられます。その魅力は・・・しっかりと煮込んで初めて出てくる「ブロッッコリーのあじ」柔らかく、ほんのりとした甘い香りと風味に気付かされます。私も初めてパスタソースとしていただいた時はハッとしました。ぜひお試しください♪

春は、出会いと別れの季節と言いますが、2月は本当に出会いの連続の日々でした。
新たなお仕事との出会い、人との出会い、自分との出会い、経験、溢れてくる想い・・・
そうそう、とっても嬉しい出会いの報告もありました♪
e0254335_9144571.jpg

e0254335_9153466.jpg

ももち浜ストアで長年レポーターとして活躍していた「かみちゃん」こと早川和美ちゃん。この度素敵な出会いを果たし、北の湖部屋の「北大樹」さんとご結婚される運びになりました〜!新聞にも取り上げられ、とっても幸せそうなかみちゃん。この日は同じくももち浜ストアに出演中のふみさん、あっちゃんさん、かえちゃん、そしてディレクターの本田さんとみんなで「サーラカリーナ」にて集まり、いつもながらに話し上手なかみちゃんの話をみんなでわーわー言いながら聞かせてもらいました。
みんなに愛される底抜けに明るくて面白くて、そして気配り上手な優しいかみちゃんの嬉しそうな表情。この日全員が帰り道まで笑顔をもらったことは言うまでもありません。かみちゃん、本当にホントにおめでとうございます♪

それからそれから。久々にoffの多かった2月は、毎日まいにち色々なところに出かけては日々誰かと会って笑って賑やかな日々でした。
e0254335_9361458.jpg

e0254335_938420.jpg

伊藤シェフの西新のフレンチ「caion」さんにてカウンターで勉強させて頂いたり、、
e0254335_9421338.jpg
e0254335_94449.jpg
ティーンエイジャーの友人manonちゃんと、駄菓子を片手に山道をふざけ合ってみたり・・
e0254335_9493218.jpg 
e0254335_948418.jpg
e0254335_9525030.jpg

e0254335_9541644.jpg

相変わらずの糸島さんぽでは、牛蒡や人参畑にお邪魔して収穫させて頂いたり、山羊が可愛かったり、貝のオイル漬けの美味しさに感動したり☆

久々に頭を空っぽにして思いっきりリフレッシュできたひと月でした♪
・・そうそう、実は誕生日だった今月。たくさんの方々からお祝いの気持ちと、誕生日会をして頂きました。思いもしないサプライズもあり、改めて多くの愛情と支えの中に在る今を幸せに想う、そんな感謝の日々でした。


お気づきの方もいらっしゃると思いますが・・春の陽気を感じるこのごろ。どうしても身軽に出かけたくなってしまい、ずっとカメラを持ち歩いていませんでした。今回の写真はほぼスマートフォンです。。ん〜!一眼レフの綺麗さと、スマホの手軽さ・・・どちらも魅力的ですネ。笑
[PR]



# by keiko-cerely | 2013-02-26 10:19 | 仕事

福岡を中心に活動する料理家/スタイリストkeiko。ムービー、スチール、ディスプレイデザインなどなど。日々出会うあんなことやこんなこと、幸せな毎日に感謝を込めて。
by Keiko
プロフィールを見る
画像一覧

Marche de Paris
~keikoと巡るParis.マルシェと雑貨の旅~詳細はコチラ





最新の記事

外部リンク

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧